プレミアムな最上級モデル:MH-124SD

THEを冠した信頼のパフォーマンスを一段と追求した「プレミアム」な最上級モデル

  • 約30部品をDLCコーディング、音の立ち上がりは抜群
  • アームパイプ内に炭素繊維を追加振動防止策を施す
  • 更にアームパイプは低抵抗の細い銀線を、そして動線の皮膜に絹巻を使用、防振材で究極に吸振
  • ウェイト周りは異なる材質を使用した4重ダンパー方式を採用広帯域にわた吸振

開発者コメント:

現在のスピーカから出る音は、ライブの音とは今だかけ離れてるのが現状です。

かつて景山先生の朋スピーカの開発時、機械振動の複雑さ、難しさに思い知らされました。その思いをこのトーンアーム開発・製作にぶつけています。

トーンアームは、多くの機械振動物で組合わせられて出来ています。
このL/C/Rを一つ一つ分解し、避けられるものは削除し、避けられないものは上手に処理していかねばなりません。機械インピーダンスループを書くと目が回ります。
とくに、Rの扱い方は難しく、直列に入れると立ち上がりが悪くなってしまいます。
現状の音響装置には、この悪いRを利用して全体バランスを取っていることを、残念に思います。私も普及品に応用しているのが現状ですが!

ともあれプレミアムアームは、現在手に入る材料の中、思いきり作ってみました。今後もどんどん進化していくつもりです。


MH-124SDの仕様

全長: 340mm(ヘッドシェル含まず)
実効長:305mm(トーンアーム回転部中心~針先)
有効長:290mm(トーンアーム回転部中心~ターンテーブル中心)
オフセットアングル: 20°
適応カートリッジ:12~31g(40g)(ヘッドシェル含む)
質量:1.12kg
オーバーハング:15mm
針圧調整(直読):最小目盛0.25g (1周で3g・2周で6g)
高さ調整範囲: 41~70mm(アームパイプ中心まで)
ヘッドシェル質量:12g(リード線・ネジ含む)
取付けベースへの軸寸法:16mmφ
取付け穴: 30mmΦ
取付けボード厚:~20mm

 

**取付例**

プレヤーはトランスロータのZET-3


 

別売品のご案内