設計構造

●本体には、主にステンレス鋼も硬い素材を使用しております。削り出し加工は、きわめて困難なものでしたが、結果として音質は比類ないグレードを誇ります。音質の要となる支点部がひ弱な構造の場合、音質に直接響きます。本機では、4つの大型ベアリングがしっかりと支え、共振やブレを防ぎ、トレース能力を高めています。

特に、縦軸方向の下部ベアリングは、高精度のスラストベアリングを採用し、重いアームが高感度に動ける支柱構造を与えて、トレース能力を格段に高めました。

アームパイプは音質にとても影響が出るところです。
【Sタイプ】アームパイプの内側は、グレードの高いポリの繊維で防振しています。

【SDタイプ】アームパイプの内側にはまずカーボン繊維で、またその内面はグレードの高いポリの繊維で防振しています。そして電気信号を送る線は低抵抗の銀線を使用し絹糸で巻きその周りをこのポリの繊維でダブルに防振しています。

 

各部品の接合部は、接着剤を極力避けて、ぴたりと面接触するように設計しています。特に、ベアリング受けの組立には、細心の注意を払い、慎重に組み上げております。

●トーンアームの曲り率は、まっすぐな棒を振り回す暴れ構造にならないよう、苦心しました。(L型の棒を振り回すと、手に余分なねじり力がかかることをイメージしてください)その上で、最も的確な場所に「振動吸収構造体」を配置し、効果的に共振をダンプさせました。

ウェイト部
【Sタイプは3重ダンパー構造】
ウェイト部には、①②③と異なる材質のダンパー材を使用し、広い帯域にわたって振動を吸収できる構造としています。ゴム材①は、長いビスで堅固に支えられており、経年変化で垂れる不安を解消しました。

【SDタイプは4重ダンパー構造】
ウェイト部には、①②③④と異なる材質のダンパー材を使用し、広い帯域にわたって振動を吸収できる構造としています。ゴム材①は、長いビスで堅固に支えられており、経年変化で垂れる不安を解消しました。
メインウェイトにはステンレス材に重いタングステンを埋め込み、より重心が支点寄りになるように、また、タングステンをゴム材で接着しこれも吸振をかねています。


●ヘッドシェルは削り出しの一体構造としたことで、振動ロスを大幅に減少させました。また、不要な贅肉は極力そぎ落とし、ステンレスでありながらアルミ製と同等の軽量化を図り、しっかりとカートリッジ全体をサポートできる極軽構造です。上部のゴム(【SDタイプ】はカーボン)は不要信号を吸収させています。

カートリッジの心臓部近くでサポートできる幅10mmのスリムなデザインは、心臓部近くへ直結することで、振動ロスは減少し音質はより向上します。

 

さらに詳しく


“Simple is the best”をモットーに、インサイドフォースキャンセラー、アームレスト、アームリフターなどの取り外しが簡単に出来る構造としました。(右下の写真はインサイドフォースキャンセラー、アームレスト、アームリフターを取り外した状態です)

M2の皿ビス4本を取り外してご使用してみてください。よりクリアな音質となります。

アームレストやアームリフターを外した場合、別売りのフックやリフターを用意いたしました。重量がありますのでこのままでも安定していますが、位置を決めて両面テープで固定していただくとより安心です。とにかくトーンアームには余分な物は無い方が歪音は減ります。

別売トーンアームレスト受け、トーンアームリフター 別売はこちら


●支点の下の出力コード取付部は極めてシンプルな構造としました。

ネジはM8で、芯の部分にリード線が通る場所、この部分をプレーヤーに合わせてベース部を作れば、付属ベースを使用せずに、各種プレーヤーに取付可能です。

 

 

 

 

 

 


【Bタイプの設計構造】

●“Simple is the best”をモットーに歪音の発生源を少なくするため極力振動物をなくした構造に勤めました。どうしても必要と思われるレスト受け・リフター/IFC(インサイドフォースキャンセラー)はやわらかなプラスチック(ABS)を使用し、不要振動が軽減出来る様な構造としました。

音質に最も左右されるアームパイプにはステンレス鋼の硬い素材を使用しております。結果として音質は立上りの良いスカッとした音に仕上げました。

音質の要となる支点部がひ弱な構造の場合、音質に直接響きます。本機では、4つの大型ベアリングがしっかりと支え、共振やブレを防ぎ、かつなめらかなトレース能力をもたせています。

各部品の接合部は、接着剤を極力避けてぴたりと面接触するように設計しています。特に、ベアリング受けの組立には、細心の神経を配って組み上げております。

●アームの曲り率は、まっすぐな棒を振り回す暴れ構造にならないよう苦心しました。(L型の棒を振り回すと、手に余分なねじり力がかかることをイメージしてください)
その上で、最も的確な場所に「振動吸収構造体」を配置し、効果的に共振をダンプさせました。

●ウェイト部は立ち上がりを悪くしない構造で、①アルミニュウム、②ABS樹脂(プラスチック)と異なる材質のダンパー材を使用し、広い帯域にわたって不要振動を吸収しています。