新機種Sタイプ:MH-900S / 1000S / 1200S

 

アナログオーディオの真価を証明する究極のトーンアーム 新機種の特長

  • 新機種はウェイト部に重量があるので、ウェイトをあまり後ろに下げなくてもオルトフォンなどの重量の大きなカートリッジがかかります
  • ウェイト部が支柱近くにあるためトレーシングが向上、飛躍的に重量感ある音質になりました
  • ダンパー構造を大幅に設計変更、より歪みの少ないクリアーな音質に仕上げました。

【S新機種の仕様】

型名 MH-900S  MH-1000S  MH-1200S
型式 スタティックバランス方式 
全長(ヘッドシェルを含まず) 255mm 280mm  330mm 
実効長(アームの支点〜針先) 229mm 254mm  305mm 
有効長(アームの支点〜ターンテーブル軸の中心) 214mm 239mm 290mm
オフセットアングル 23 ° 22 ° 20 °
適応カートリッジ(ヘッドシェル含む) 16~49g 16~46g  14~43g
質量 1.04kg 1.07kg 1.14kg
オーバーハング 15mm
針圧調整範囲(直読) 最小目盛0.5g(1周で5g・2周で 10g)
高さ調整範囲(アームパイプ中心まで) 41~70mm
ヘッドシェル質量 12g (リード線、ネジ含む)
取付けベースへの軸寸法 Φ16mm
取付け穴 Φ30mm
取付けボード厚 〜t20mm

【S新機種のラインナップ】
●MH-900S(9インチアーム)

●MH-1000S(10インチアーム)

●MH-1200S(12インチアーム)

【S新機種タイプの別売品】
●Sタイプ用別売品のご案内(Sタイプと同様)    こちら